ホラー映画『アナベル』、暴動によりフランスの映画館で上映禁止に

2014.10.16

新作映画『アナベル』が暴動の原因となったことからフランス内での上映が禁止された。『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』のアナベル・ウォリスと『トゥルーブラッド』のアルフレ・ウッダードら出演の悪霊に取りつかれた人形を描いたこのホラー作は、世界中で大ヒットを飛ばしているものの、フランス各地でこの映画を見た10代の若者たちが次々と暴動を起こし始めたことから、フランス国内での上映が禁止されることになったとザ・タイムズ紙が報じている。

マルセイユにある映画館レ・トロワ・パルムズを経営するディディエ・タリッツォ氏は、11日(土)の公開時にはわずか450席に対して1000人以上の観客が集まったという。「どういった態度を取るべきなのかという最も初歩的な概念を持たない人がいました」「ポップコーンを投げ始め、セリフを言っているところで話を始めたり、歩き始めたりしたのです」また、タリッツォ氏は「若者に法律に従わせることを教えるのは自身の役割ではない」という理由から、上映を中止することに決めたとしており、「この騒がしさに腹を立てた鑑賞者たちが、この若者たちに対して何か行動を起こし始めてもおかしくないということが懸念されました」と続けている。

この映画のメインの客層である16歳以下の若者たちの間で、お互いに罵声を浴びせ合ったり、ポップコーンを投げ合ったり、劇場の座席を破壊し始めたり、喧嘩を始めたりと、似たような事件が各地で起きていることを受けて、映画評論家のアラン・グラセットは『アナベル』が「描き出すくつろぎ方を持った若い観衆」を惹きつけていると分析している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop