ハビエル・バルデム、『パイレーツ・オブ・カリビアン』最新作に出演へ?

ハビエル・バルデムが『パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ』で新たな悪役を演じる交渉中だという。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ主演の人気ディズニー映画シリーズで、ハビエルは新たに登場する悪役を演じる方向でプロデューサー陣と話し合いを進めているよ

うだ。ザ・ハリウッド・リポーターによれば、ハビエルは自身の兄弟を死に至らしたジョニー演じるジャック・スパロウへの復讐に燃える幽霊の海賊というその役どころに興味を示しているというが、まだ名前のないこの役柄への出演交渉はまだまだ初期段階にあるようだ。

オーストラリアで撮影予定となっているこの新作は、これまで同シリーズを手掛けてきたテリー・ロッシオが『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などのヒット作を生み出してきたジェフ・ナサンソンと共に脚本を執筆している。『コン・ティキ』でアカデミー賞にもノミネートされたヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリのコンビがメガホンを取る人気シリーズ最新作は、2017年7月7日に公開が予定されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop