マルベリー、新クリエイティブ・ディレクターを近々発表へ

マルベリーが新クリエイティブ・ディレクターとCEOを近々発表するという。ゴッドフリー・デービス非常勤会長は株主に対し、その2つの役職を担う人物を間もなく取り決めると発表することで、同ブランドのさらなる経済的な安定を約束した。デービス会長はデイリー・テレグラフ紙に「(CEOとクリエイティブ・ディレクターの)両方において、積極的に動いています。市場に向けて、近々お伝えできればと願っております」と話す。ハンドバッグとレザー製品を展開する同ブランドは14日(火)、過去6か月の総収益が17パーセント減と発表された後、株価が20パーセントも下落しており、苦しい局面に立たされている。

元クリエイティブ・ディレクターのエマ・ヒル氏は「クリエイティブ面と運営戦略において意見の不一致がある」として、昨年9月に同ブランドを去っているが、その後当時CEOを務めていたブルーノ・ギヨン氏も退任していた。臨時で元会長を務めていたデービス氏が復帰を果たすものの、業績予想を下方修正したほか、ロンドン・コレクションの参加を見送る結果となっていた。

デービス非常勤会長はさらに、ヒル氏のような実力を持ち合わせているというその新クリエイティブ・ディレクターの候補者は、他社との契約下にあるものと「考えられている」ため、マルベリーは「最終決定となるまで、何も発表しない」としている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop