ピーター・コッピング、オスカー・デ・ラ・レンタの新クリエイティブ・ディレクターに就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーター・コッピングがオスカー・デ・ラ・レンタへと籍を移した。今月ニナリッチのクリエイティブ・ディレクターを退任したピーターは、ニューヨークを拠点とする同ブランドに活躍の場を移した。引き続き、創業者のオスカーもデザインを監督していくものの、同ブランドにおいてオスカー以外の人物が指揮する立場に就くのは初めてのこととなる。ロンドンにある名門セントラル・セントマーチン芸術大学とロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身のピーターはWWDに「20年間に渡るパリでのキャリアの後、これは僕にとって重要な次のステップだよ」「オスカー・デ・ラ・レンタはアメリカの幅広い世代の女性にエレガントさを演出しているし、オスカーと仕事ができ、またこのブランドの発展を維持するお手伝いができるこの機会がとても楽しみだよ」と話している。

ピーターは来年2月に行われるニューヨーク・コレクションで発表される秋冬コレクションで、オスカー・デ・ラ・レンタでのデビュー作をお披露目することになるとみられている。

ニナリッチではピーターの後任として、ギョーム・アンリが来年にも新クリエイティブ・ディレクターに就任することが先日報道されていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop