エヴァン・レイチェル・ウッド、キャサリン・メーニッヒと交際中?

エヴァン・レイチェル・ウッドとキャサリン・メーニッヒが先週末、「まるで恋人のように」振舞っていたと報じられている。今年5月に夫ジェイミー・ベルと破局したエヴァンは11日(土)、ロサンゼルスのハマー美術館の毎年恒例のガラの庭でキャサリンと一緒にいるところを目撃されており、2人が友達以上の関係ではないかと噂が飛び交っている。ある関係者はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に「エヴァン・レイチェル・ウッドはキャサリン・メーニッヒと一緒に来ました。そして2人は手をつないでいたりしてまるで恋人同士のようでしたね」と当時の状況を話しており、さらに2人が隔離されたテーブルに座って「一晩中寄り添っていた」と付け加えた。

ジェイミーとの間に1歳2ヶ月の息子を授かり、マリリン・マンソンとも婚約していた過去を持つエヴァンは以前、キャサリンを見たとき、「頭が動かなくなった」とツイートしていたことがある。「たった今蚤の市でキャサリンを見たわ。私は頭が動かなくなって、その後走り去ってしまったの。彼女が大好き!!」このツイートに対しキャサリンは「挨拶してくれればよかったのに」と返信していた。さらにエヴァンは当時こうもツイートしている。「ニューヨークでプライド(同性愛者の地位向上を目指したイベント)が行われている間、キャサリンと私がタクシーの中で何時間も動けなくなる夢を見たわ。私達はただ眠りこけてしまったんだけどね」

エヴァンは以前、自身がバイセクシャルであることをオープンにこう話していた。「バイセクシャルであることは私の大きな一部でもあるし、長いことそうなの。女性だけとか、男性だけとかは言えないのよ。だって私は今までに男性に恋に落ちたことだってあるし、女性にだって恋に落ちたことがあるわ。みんながどうこの状態をなんと呼ぶのかわかんないけどまあただ、そういうことね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop