エラ・エアがDJ フレッシュとコラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エラ・エアがDJ フレッシュとコラボを果たした。パロマ・フェイスのヒット曲『チェンジング』をシグマと共に書いたエラは、他のアーティストとのコラボも始めたようで、現在『ゴールド・ダスト』のプロデューサーで知られるDJ フレッシュとタッグを組んでいるという。ルディメンタルとのコラボ曲『ウェイティング・オール・ナイト』がエラの最もよく知られるコラボレーションになるが、エラは同バンドと再びスタジオ入りする可能性もあるとBANGショービズに語った。「DJフレッシュと少し仕事しているのよ。ルディメンタルもセカンドアルバムの制作を開始しているわ。だから、どうなるか様子をみてみるわ」「曲も書いているけど、今は主に自分のことに集中しているの」さらに、2013年にルディメンタルと共にツアーを敢行したエラは、ツアー中はいつも楽しかったと続けている。「変わった経験をいっぱいしたわ。とくに、ルディメンタルとツアーを回った時はね。楽しかったわ。みんな、そこにいるべきしていたってかんじで、たくさんの夜を遅くまで楽しんでいたわ」「7か月間、ルディメンタルとツアーに出たけど、それが彼らの成功を導いたし、私が目立たない立場になって、彼らを見ることになったけど、それが音楽業界ってそういうものって学んだわ」

そんなエラのデビューアルバムは来年リリース予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop