ジミー・ペイジ、音楽人生の集大成となるライブを計画中!?

2014.10.03

ジミー・ペイジ(70)が音楽人生の集大成となるようなライブを計画しているという。元レッド・ツェッペリンのギターを務めていたジミーは、新バンドを結成し、ヤードバーズ時代の曲や新曲を披露したいと考えているようで、ギグを敢行する「冒険」を楽しみにしているという。「もし、もう一度プレイするなら、一緒にやるミュージシャンは...一部は君達には初耳な名前もあるだろうね。そのメンバー達をまだ一緒に集めてはいないけど、来年にはそうしたいって思っているよ。演奏するなら、俺の本当に初期のころ、ヤードバーズの時代にまで自分の音楽キャリアを遡って、すべての曲を演奏するよ。もちろん新曲も披露するだろうけどね」「ライブで演奏するのが大好きなんだ。ライブはいつだって面白い挑戦だよ。だって、毎日プレイしながら、いつも変化をつけられるってことだからね。もっと冒険もできるってことだ。演奏できるすべての曲を披露すると思うよ。『幻惑されて』のインストバージョンとか、いろいろね」

さらに、ジミーは、残存するメンバーが集まり2007年にロンドンで1回限りの再結成を果たしたレッド・ツェッペリンが再び共に姿を現す「可能性は低い」と続けている。「可能性もあるし、起こりそうでもあるけど、そうはならないと思うよ。だから、もうこれ以上コメントできることはないよ」「1人はこういって、他の誰かはこういったなんて細かいところは話さないよ。可能性は低いっていうことだけが俺が言えることだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop