カール・ラガーフェルド、1800万円超のパンチバッグをデザイン

カール・ラガーフェルドが17万ドル(約1860万円)もするというパンチバッグのデザインを手掛けた。シャネルのクリエイティブ・ディレクターとして活躍するカールは、今回ルイ・ヴィトンの118周年記念プロジェクト「セレブレーティング・モノグラム」の一環で、ボクシングのトレーニング用に使用されるこの高級なパンチバッグを手掛けた。以前にも「アイコンとアイコノクラスト」プロジェクトに伴うハンドバッグのコレクションでルイ・ヴィトンのロゴ「LV」を使用したデザインを手掛けたことのあるカールだが、今回はそのパンチバッグにマッチしたデザインのマット、ボクシング用グローブ、トランクも用意しているという。限定25点しか用意していないというそのパンチバッグの値段は、同ブランドのウェブサイトに「価格応談」と掲載されており、実際の購入価格は17万ドルくらいになるとTマガジンが伝えている。

カールのほかにも、マーク・ニューソン、クリスチャン・ルブタン、川久保玲、シンディ・シャーマン、フランク・ゲーリーなどの有名アーティストとデザイナー陣がこの記念プロジェクトに向けてそれぞれのアイテムを手掛けており、川久保玲は穴あきトートバッグ、マークはゆがんだ形の箱、クリスチャンは限定版ショッピングカートをデザインした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop