ニール・パトリック・ハリス、第87回アカデミー賞の司会に抜擢!

ニール・パトリック・ハリスが2015年に開催されるアカデミー賞の司会に抜擢された。これまでトニー賞やエミー賞での司会の経験が複数回あるニールは、来年2月22日にロサンゼルスのドルビー・シアターで行われる名誉あるこのイベントで司会を務めることになるという。4歳の双子ハーパーちゃんとギデオン君を共に育てている長年の交際相手、デヴィッド・バートカと最近結婚したばかりのニールは15日(水)、自身のツイッターにビデオを投稿する形でこのニュースを公表した。そのビデオは、ニールが正体不明の誰かと電話しながら「参加するよ」と答えた後、子どもを持つこと、結婚すること、大統領に会うことなどを含むニールの死ぬまでにやりたいことが綴られたバケットリストが映し出され、そのリストの最後にある「アカデミー賞の司会」という文字を黒いペンで丸く囲むというストーリー展開になっている。また声明文の中でニールはこう付け加えている。「今年度のアカデミー賞の司会を依頼されたことを誇りに思うと同時に感激しています。アカデミー賞を見ながら僕は育ちましたし、このイベントの司会を務める偉大な人たちにいつも畏敬の念を抱いていました。ジョニー・カーソン、ビリー・クリスタル、エレン・デジェネレスをはじめとする、アカデミー賞の司会という幸運に恵まれた人たちの軌跡を追って司会を依頼されることは、僕がバケットリストに入れていた夢が叶ったということなんです」

今年3月に開催された同イベントでは米トークショー界の女王エレンが司会を務め、ここ14年間の間で最高の視聴率を打ち出していたが、再度この仕事を引き受けることは辞退したという。またジュリア・ルイス=ドレイファスも司会の依頼を受けたものの、辞退したとザ・ハリウッド・リポーターは伝えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop