マイケル・ジャクソン、死後最も稼いだ有名人ランキングで2年連続トップ

マイケル・ジャクソンがフォーブス誌の死後最も稼いだ有名人ランキングで2年連続トップに輝いた。同誌によると、2009年6月にプロポフォール中毒により他界したマイケルは、昨年1億4000万ドル(約150億円)もの収益をあげたようで、シルク・ド・ソレイユの「イモータル」や「ワン」のショー、ソニーATVミュージック・パブリッシングから出版されたカタログからの利益の半分、Mijacのカタログ、死後に出されたアルバム『エスケイプ』の売り上げがその総収益に貢献したようだ。同誌では「(経済的な意味での)死後の生活が、マイケル・ジャクソン以上に向上したセレブリティはほとんどいない」としている。

同ランキングでは1977年に他界したエルヴィス・プレスリーがマイケルの半分以下となる5500万ドル(約58億円)で2位につき、その後を4000万ドル(約42億円)でチャールズ・シュルツが追っている。そのほか、2011年に亡くなり、翌年の2012年には同ランキングで首位に立ち、生前マイケルとも友人関係にあったエリザベス・テイラーが4位、2000万ドル(約21億円)でレゲエ界の伝説、ボブ・マーリーが5位、1700万ドル(約18億円)でマリリン・モンローが6位と続く中、ジョン・レノンが1200万ドル(約13億円)で7位、アルベルト・アインシュタインが1100万ドル(約12億円)で8位にランクインしている。さらには『ドクター・スース』の著者セオドア・ガイゼル、ブルース・リー、スティーブ・マックイーン、ジェームス・ディーン、モデルのベティ・ペイジとさまざまなジャンルで活躍した5人が900万ドル(約9億6000万円)でトップ10を締めくくっている。

フォーブス誌は、遺産管理者や弁護士、ライセンサーに連絡を取り、それぞれの年収を推定したようで、過去130年に活躍したこの有名人達が2013年と2014年において稼ぎ出した総額を3億6350万ドル(約388億円)としている。

フォーブス誌による2014年死後最も稼いだ有名人ランキング:

1. マイケル・ジャクソン 1億4000万ドル(約150億円)

2. エルヴィス・プレスリー 5500万ドル(約58億円)

3. チャールズ・シュルツ 4000万ドル(約42億円)

4. エリザベス・テイラー 2500万ドル(約26億円)

5. ボブ・マーリー 2000万ドル(約21億円)

6. マリリン・モンロー 1700万ドル(約18億円)

7. ジョン・レノン 1200万ドル(約13億円)

8. アルベルト・アインシュタイン1100万ドル(約12億円)

9. セオドア・ガイゼル 900万ドル(約9億6000万円)

9. ブルース・リー 900万ドル(約9億6000万円)

9.  スティーブ・マックイーン 900万ドル(約9億6000万円)

9. ベティ・ペイジ 900万ドル(約9億6000万円)

9. ジェームス・ディーン 900万ドル(約9億6000万円)

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop