5SOSの来日公演がキャンセル

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの初来日公演がキャンセルとなった。メンバーのアシュトン・アーウィンは14日(火)、地元オーストラリアの病院で盲腸除去手術を受けており、術後の回復も順調で現在は自宅療養中だというが、休養が必要なため、今後予定されていた来日公演とイギリスでのBBCラジオ1・ティーン・アワード出演をキャンセルせざるを得なくなったという。これを受けてアシュトンは先日3万人のフォロワーに対してツイッターで謝罪していた。「みんな!がっかりさせてごめんな。埋め合わせは必ずするから!すぐに良くなるよ。みんなの応援ありがとう」

5SOSは先日、公式サイトで今回のニュースを発表していた。「アシュトンが盲腸になり、手術が必要になりました。アシュトンは具合も良く、すぐに復帰して活躍しますが、しばらく休養が必要になります」「このため、今週末に予定されていたBBCラジオ1・ティーン・アワーズに出演するために渡英することが出来なくなりました。また、来週に予定されていた来日も延期することになります(詳細については後日発表します)。僕達に会いに来ようとしてくれていた皆さんにお詫び申し上げます。僕達もみんなに会えることを楽しみにしていたので、悲しませるつもりなんてなかったんです...理解してくれることを願ってます!」

アシュトンは故郷オーストラリアで楽しんでいるとツイートとしていた翌日に突然、盲腸に襲われていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop