マライア・キャリー、ニック・キャノンと犬の親権を巡って争う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーとニック・キャノンが破局に伴い、飼い犬8匹の親権を巡って争っているようだ。8月に2008年から続いた結婚生活に終止符を打つこと決め、婚姻前に行う財産契約を通して3億2500万ポンド(約560億円)もの総財産の分与に決着をつけたとみられている2人だが、サンデー・エクスプレス紙によると、8匹の犬を巡って壮絶なバトルを繰り広げているようだ。

そんな中、ニックは他の人を幸せにすることでその1日が明るくなり、自身の問題の影を薄くすることができるため、今は仕事に身を投じていると先日話していた。「誰かを笑顔にさせるためにみんなエンターテイメントをするんだよ。それが僕にとっての人生を通してのゴールだし、それに、1日1回する日課でもあるんだ」また、2人が6年間に渡る結婚生活を終える決断に至った理由は明らかになっていない中で、ニックの浮気が原因だと噂が立っていたが、ニックは8月にその噂を否定し、自身が最も大切にすることは、常に子供だと発言していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop