アラン・カミング、シャイア・ラブーフが逮捕時に泥酔状態であったと告白

アラン・カミングは、逮捕時のシャイア・ラブーフが「泥酔状態であった」と考えているようだ。今年の6月、アランが出演するブロードウェイのショー『キャバレー』の上演中にシャイアがおしりを叩き、逮捕される事件が起きていた。アランは、アランが今まで見た男の中で「最もセクシーな男性」であったことからおしりをつかんだという先日のシャイアの発言を跳ね除け、残念ながら当時のシャイアはその場に「ふさわしくなかった」と21日(火)に放送されたコナン・オブライエンのトーク番組の中で語っている。「僕が観客の中に歩いて行ってミシェル・ウィリアムズを紹介するシーンがあるんだ。そしてさらに僕は観客の間を歩いてから舞台に戻るんだけど、僕がシャイアの横を通った時、テーブルの列の最後の方にいた彼が僕を叩いたんだよ...さらに他の事もしてきたんだ。まあご存知の通り彼は何か吸っていたからね...その場にふさわしくなくてめちゃくちゃなことをする時ってみんなあると思うけど、ここまで世界レベルでそれに向き合わなきゃいけない人は数少ないだろうね」「シャイアは今まで見た男の中で僕が一番セクシーだったからそういうことをやったって理由にしていたよね」「僕はただ彼が泥酔状態にあっただけとしか思えないね。彼は会場に入ってきた時点で泥酔していたし、そういった雰囲気があった。僕がショーを始めるためにステージの階段を降りた時、観客みんながとてもおびえていたよ。なぜならそこには叫んだりとかいったそういったことをするようなクレイジーな男がいたんだからね」

先週シャイアはこの一件についてこんな発言をしていた。「俺はアランのケツを叩いてやったんだ。なぜなら彼はそうされるべきだったからね。アランは俺が今まで見た中で一番セクシーな男だよ。俺はただケツを叩いただけじゃなくて掴んでやったんだ。ケツ全部を掴んだのは俺があいつとやりたかったからさ。俺はやりたかったんだ。まあアランは俺のヘラクレスのような強靭な掴みからうまく逃げ出したから俺はちょっとがっかりだけどね」

シャイアは舞台公演中の治安びん乱行為と不法侵入の罪で逮捕されており、シャイアはさらに「他の観客達への嫌がらせと劇場内での立て続けの喫煙」も行っていたと言われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop