エリザベス・ペーニャ、死因が飲酒による合併症であったと判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エリザベス・ペーニャがアルコール摂取による合併症で死亡していたことが判明した。一時的に体調を患った後、先週にロサンゼルス内で他界したエリザベスが、「アルコールによる」肝硬変を患っていたことが発覚した。TMZによると、エリザベスは数か月に渡ってその症状を抱えていたものの、死の直前になって症状が悪化していたという。同サイトが入手した死亡証明書には、エリザベスが息を引き取る数時間前に極度の胃腸出血を起こしたことにより、心停止に至ったとされている。

エリザベスのマネージャーは先日、エリザベスの死因が一時的な体調不良の後の自然死であるとコメントしていた。またエリザベスはエル・レイ局製作のアクションドラマシリーズ『マタドール』の撮影を最近完了したばかりであり、同作のスタッフ一同はエリザベスの死を「深く悲しんでいる」と声明文を発表していた。「私達の友人であり同僚であるエリザベス・ペーニャがこの世を去ったことにより、私達は深い悲しみにくれています」「彼女はお手本的存在であり、本当に超越した演技者であり、世界の全てのシーンにおいて刺激的な存在でした。この辛い時期におけるエリザベスのご家族や友人達のご心痛を心よりお察しいたします。彼女は本当に惜しまれることでしょう」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop