犬サイズの巨大クモが南米で発見される!

犬サイズのクモが南米の熱帯雨林で発見された。5センチ以上におよぶ有毒な鋏角持ち、子犬ほどの大きさまで成長したこの巨大クモがやぶの中である科学者によって発見された。このクモはその種で世界最大となる南米ルブロンオオツチグモと認識されており、最長の足の長さは30センチにもおよぶという。発見した科学者は「自分の目にしているものがなんなのかはっきり分かりませんでした」と発見時の驚きをコメントしている。このクモはネズミやカエル、ヘビやトカゲなどをエサとすると言われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop