ブラッド・ピット、新作『フューリー』が良き父親になることに貢献?

ブラッド・ピット(50)は新作映画『フューリー』がより良い父親になる手助けをしてくれたと考えているそうだ。妻アンジェリーナジョリーとの間に6人の子供を持つブラッドは、世界第二次世界大戦をテーマにしたこの新作で「尊敬心を操る」最良の方法を学んだという。「この映画からはたくさんのことを学んだよ。終えたころにはみんなかなり豊かな人間になっていたね」「この役柄は率先力や尊敬心の操り方というものを本当に教えてくれるものだったよ。それにそのおかげでより良い父親にもなれたんだ」

先日には英エリザベス女王から勲章を受け取った妻を持つブラッドだが、家庭を仕切っているのはアンジェリーナではないと19日(日)にロンドンで行われた『フューリー』のプレミア試写会で明かしている。「彼女はボスではないよ。俺たちは家庭で独自の上下関係があるんだ」

その一方でブラッドは、先日にアンジェリーナが勲章を与えられた際、家族みんなでバッキンガム宮殿を訪れたことは家族全員にとって素晴らしい機会だったと認めている。「あれはアンジェリーナにとって素晴らしい栄誉だし、喜ばしかったね。俺たち家族にとっても素晴らしい午後の一時だったよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop