オプラ・ウィンフリーの運転手、危うく女性の足を骨折させる

オプラ・ウィンフリーの運転手が女性の足をひく事故を起こしたようだ。マイアミ内のレストランの外でオプラの運転手があやまって後方発進したことでローリー・ゲラー・ベンダーさんの足首を危うく骨折させる事故を起こしていたようで、乗車していたオプラはショックを受けていたとその女性はニューヨーク・ポスト紙に語っている。「私たちはレストランに入ろうと道を渡っていたんです。そうしたらそこにはたくさんのカメラマンがいました」「たくさんの警備員達も見えて、オプラが車に乗った途端にその車は縁石から離れるように発進したんですが、そのタイヤが私の足の上に乗っかったんです。私はハイヒールを履いていたんですが、つま先がタイヤの下にはさまって動けなくなり、転倒して尾骨と頭を打ちました」「私の夫は車の窓を叩きながら、運転手に下がるように叫んでいました。あのSUV車がもう少し前進していたら私の足首を完全に骨折させていたと思うので、私はラッキーでした」

その状況に気づいた際、オプラは車から飛び出してきて「とてもショックを受けていた」そうだが、その女性に間違いなく「写真を撮る」べきだと伝えたという。「運転手が後進して私の足から離れたら、オプラが飛び降りてきました。彼女はこれ以上ないくらい良くしてくれて、親切でした。かなりショックを受けているようでしたが、私に大丈夫か尋ねてきて、私の足を慎重にチェックしていました」「私は怪我はしていませんでしたので、大丈夫だと言いました。そうしたらオプラは『じゃあ、写真はとるべきね』と言って、私に腕を回して何枚か写真を撮ったんです」「オプラにはいつか会いたいと思っていましたが、まさかそれがオプラの運転手につま先をひかれて実現すると思ってもいませんでしたね。おかしな話です」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop