ショーン・ヘイズ、婚約していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショーン・ヘイズが婚約していたようだ。NBCシットコム『ふたりは友達?ウィル&グレイス』のジャック・マクファーランド役で人気を博したショーンが27日(月)、CBSの朝の番組『ザ・トーク』に出演した際、左薬指に指輪をしていたことから、恋人のスコット・アイスノーグルと婚約したのではないかという噂が飛びかっていた。今回、この噂をショーンの代理人が「ショーン・ヘイズとスコット・アイスノーグルは8年間の交際を続けています。彼らはまだ結婚はしていませんが、かなり長い間、婚約はしております」とウェブサイト、ルーモアフィックスに認めた。

先週、米テレビ番組『エレンの部屋』に出演したショーンは、音楽プロデューサーであるスコットのことを自分の「伴侶」であると発言し、『ザ・ミラーズ』の共演者ウィル・アーネットと共に3人でトルコのイスタンブールへ小旅行に行くと語っていた。「中東がゲイのことをどれだけ大好きかってことを僕達は知っているからね。とても素晴らしいよ。僕はまさに喜んでそこに行くよ」

米ゲイ雑誌アドヴォケイトのインタビュー内で2010年、自身がゲイであることをカミングアウトしたショーンはそのインタビューの中でこう話していた。「本当に?ゲイの人たちをこき下ろすわけ?僕がどんな人間であるか話すことで問題を抱えたことは一度もないよ。僕は僕だからね。よく言うように、一度もないんだ」

ショーンは自身のプライベートについて多くを語らない芸能人として有名で、同インタビューの中でも自分の演じるキャラクターたちに信頼性を持たせるためにプライベートについて語ることはあまり好きではないと話していた。「僕がゲイのキャラクターを演じる時には、できるだけ信頼性のある役を演じたい。それにストレートのキャラクターを演じる時にもそうしたいと思っているんだ。だから僕のプライベートな生活を知る人を少なくして、僕の演じるキャラクターに信頼性を持たせるんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop