ミラ・ジョヴォヴィッチ、妊娠中の子供が女児と判明!

ミラ・ジョヴォヴィッチ(38)に女児が誕生予定であることが分かった。ポール・W・S・アンダーソンとの間に第2子が誕生予定のミラは、最近になってお腹の中の赤ん坊の性別を知ったそうだが、2人の6歳の娘エヴァーちゃんは弟でないことを知って特に喜んでいるのだとE!ニュースに話した。「私たちは女の子が生まれるって分かったのよ」「この赤ん坊が男の子だったら私たちはどうしてたか分からないわ」

妹が出来ると知って大興奮のエヴァーちゃんは、自分の物を妹に全てあげたいようで、両親に赤ん坊のために何も買わないように頼んでいるのだそうだ。「あの子ったら『何も新しいものは買わないでよ。妹には私の服を全部着させてあげるんだから』ってずっと言ってるのよ。娘はすごく経済的なの」

8月に第2子の妊娠を発表したミラは、そのことにより夫ポールの監督作である新作『レジデント・イーヴル:ザ・ファイナル・チャプター』の撮影を延期することを決定していた。当時ミラは「本当はこの投稿でみんなに『レジデント・イーヴル:ザ・ファイナル・チャプター』のために南アフリカのケープタウンに行くことにどんなに興奮しているかお伝えしようと思っていたんだけど」「夫のポールと私にまた子供が生まれることが発覚したの!!」とフェイスブックで発表していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop