キアヌ・リーブス、過激なファンの女性に対し接近禁止命令

2014.10.07

キアヌ・リーブスが過激なファンの女性に対して接近禁止命令を獲得したようだ。先月、キアヌのロサンゼルスの自宅に押し入り、プールを裸で泳いでいたとして逮捕された名前非公表の女性に対し、キアヌがその女性によって身の危険を感じていること、今後もストーカー行為を繰り返す恐れがあることを裁判官に訴えたことで、キアヌとキアヌの自宅に少なくとも100ヤード(約91メートル)以内に近づいてはならないという接近禁止命令が言い渡されたようだ。

しかしある警察に関係者がゴシップウェブサイトTMZ.comに話したところによれば、この女性は現在病院で精神療法を受けていることから、この保護命令を理解しない、もしくは従わない可能性もあるという。鍵のかかっていなかった玄関からキアヌの自宅に侵入し、シャワーまで浴びていたとされるこの女性は、キアヌがアメリカ政府に誘拐され証人保護プログラムによって本当の名前などを隠されたとする父親への「パイプ役」だと話しているそうで、さらにはその父親というがレイ・ウィンストンだと信じているという。

この女性がキアヌの自宅に侵入していた際、キアヌ自身は自宅にいなかったが、建物内にいた清掃員がこの女性の振る舞いを不審に思いキアヌに連絡したようで、その後キアヌは警察に通報したという。

ちなみにこの事件が起きる前日にも他の女性がキアヌ宅に侵入しており、午前4時ごろ書斎の椅子に座っているところをキアヌ自身が発見し、警察に通報するという事件が起きていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop