マライア・キャリー、8年ぶりの来日公演の歌声に疑問の声が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーが4日(土)に8年ぶりの来日公演で披露した歌唱力において、批判的な意見が上がっているようだ。東京で『ジ・エルーシヴ・シャントゥーズ・ワールド・ツアー』の幕開けをエネルギッシュパフォーマンスで飾ったマライアであったが、一部のファンはそれに満足いかなかったようで、エルという名のファンはこうツイートしている。「マライア・キャリーの歌のキャリアはこれで終わり。すでに伝説。引退の時」「マライアはもう歌えない。全くね。どうしたの?」

しかしながら、TMZ.comが入手したコンサート映像によると、こういう結果になったのはマライアだけが原因ではなく、マイクにも問題があったことがみてとれるようだ。ハンドル名「ピーチーズ&ハーブ」というユーザーは「マライア・キャリーはもう歌えないわ。聞くのが大変だったわ」「なぜマライア・キャリーがライブでもう歌わないのかわかった。そういうことよ」「マライア・キャリーは声が出なくなった時点で引退するべきだったのよ。恥をかかないためにね」「マイクに何か問題があったのは知ってるけど。すべてのショーで歌と口が揃っているアーティストなんていないものね」とツイートしている。

一方のマライアの広報担当はオープニング公演の観客からはポジティブな反応しか受けていないとデイリー・ミラー紙に主張している。「ファンから頂いたコメントはすべて素晴らしいものばかりです!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop