アデルの1日に稼ぐ金額は約1400万円!

2014.10.07

アデルは過去4年間ニューアルバムをリリースしていないにもかかわらず、1日に8万ポンド(約1400万円)も稼ぎ出しているという。先日公開された会計結果によると、2011年にリリースした『21』が最新アルバムとなるアデルが運営する2社は、2013年12月31日までの1年10か月間に5400万ポンド(約94億円)にものぼる収益をあげたことが明らかになった。メルティッド・ストーン社は2013年4月までの14か月間に3000万ポンド(約52億円)に加え、残りの2013年度が終了するまでにさらなる800万ポンド(約14億円)をも稼ぎ出したと日曜版ザ・サン紙は報じている。アデルは2013年度の下半期に520万ポンド(約9億900万円)の配当金を自身に支払っているだけでなく、最近の年度会計期間では前年の1年2か月の560万ポンド(約9億8000万円)には及ばないものの、286万ポンド(約5億円)の給料を受け取っているという。また、1年10か月間で1440万ポンド(約38億円)の収益を得たメルティッド・ストーン・パブリッシング社とメルティッド・ストーン社の合計利益は1310万ポンド(約23億円)になるようだ。

そんな中、現在2015年にリリース予定の待望のサード・アルバムの制作中と言われているアデルは、再び人前に立つ前の恐れを癒すために「フォトセラピー」を受けているという。ある関係者は以前「アデルはカメラの前でいつもシャイでした。ですが、この大々的なカムバックが近づいてくるにつれて、人前に出る恐怖心が出てきているようです」「アデルはアルバムがリリースされれば、自分が行動するところすべてにパパラッチがついて回ることを知っていますから、それに対する準備をしたいのです」「アデルの親しい友人がアデルにアメリカで『写真ヒーラー』として有名な写真家からスカイプでセラピーを受けるように勧めたようですよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop