米人気テレビドラマ『ツイン・ピークス』が復活へ!

2014.10.08

アメリカの人気ドラマ『ツイン・ピークス』がお茶の間に戻ってくるようだ。カイル・マクラクラン、パイパー・ローリー、シェリル・リー、ジョアン・チェン、ラス・タンブリンらが出演した90年代にカルト的人気を誇った同作が、製作会社ショウタイムによってリバイバルされることになっており、デヴィッド・リンチ、マーク・フロストらオリジナル製作陣によって作り出される全9話となるシーズン3は2016年にテレビに登場する予定だ。

1990年4月から1991年6月までアメリカで放送されていたこの奇想天外なテレビドラマのストーリーは、アメリカ北西部ののどかな町、ツイン・ピークスで起きた高校の人気者ローラ・パーマーの殺人事件の解決のために派遣されたデイル・クーパー捜査官の調査とともに、ローラの素顔、町の秘密が明るみになっていくというものだ。

今のところ出演陣の詳細については明らかになっていないものの、ショウタイムのデヴィッド・ネヴィンス代表は今回もオリジナル作品同様に「素晴らしくて奇妙な」な作品になるはずだと宣言している。「クーパー捜査官の言葉を借りるとしたら『これがいったい俺達をどこに導いているのか俺にはまったくわからない。ただそこが素晴らしくて奇妙なところであるってことは確信しているんだ』というところです」

ニューヨーク・デイリー・ニュース紙によるとリンチとフロストは、シーズン1、2だけでは完結することが出来ず、疑問が残ったまま出し抜けにこのドラマが終了してしまっていたため、「この話から引き戻されている」ように感じたのだと言う。同士に掲載された2人の声明文の中にはその心境がこう記されている。「『ツイン・ピークス』の不思議で特別な世界が私達2人を引き戻しました。そして今僕達はワクワクしています。あなたもこの世界へご一緒に」

ショウタイムは待望のシーズン3がテレビ放映される前に、シーズン1、2も放映すると発表している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop