サラ・ハイランド、元恋人に対して3年間の接近禁止令を獲得

サラ・ハイランドが元恋人のマシュー・プロコップに対して3年間の接近禁止令を獲得した。人気ドラマ『モダン・ファミリー』でおなじみのサラは、5年間の交際を経て最近破局していたマシューが自身に対して暴行を働いたほか、命の危険を及ぼす脅迫をしていたとして、先月一時的な禁止令を獲得していたが、今回は3年間という長期的な禁止令が発行された。TMZ.comが入手した命令には、マシューがサラとサラの自宅、仕事場、サラの飼い犬の100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁止するとともに、銃器や弾丸の所有を禁止する条項が記載されており、違反した場合には服役刑に科される可能性があるとされていると記されているようだ。

サラは先月、一時的な接近禁止令を獲得した際、マシューが交際期間の最後の4年間に渡って言葉と暴力の両方で自身を恐怖に陥れたとしていた。マットは5月にサラの着用していた衣服を巡っての口論の際、サラを車に押さえつけ、何度も暴言を吐いた上に首を絞めたとされていた。そこでサラは「彼の掴む力があまりにも強かったため、私は息をすることも声を発することもできませんでした。私は恐ろしくて命を失うかと思いました」とその状況を綴っている。また破局後サラは、マットのことを「自身の自殺の脅しも含めた不快な携帯メールや留守電メッセージで脅迫するなど卑劣な手立てで容赦なく私を苦しめた」としていた。2008年の『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』に向けたオーディションをきっかけに知り合い、交際に発展した2人は、2011年にはディズニー・チャンネルの映画『ギーク・チャーミング』で共演していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop