ウィリアム・シャトナー、『スター・トレック』第3弾に出演決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィリアム・シャトナー(83)が『スター・トレック』の第3弾に出演することに合意したと報道されている。同作のテレビシリーズにジェームズ・カーク船長として登場し、1960年代には世界的にその名を馳せたウィリアムが、SFシリーズの中でも未だに人気の衰えない同作の新作映画に戻ってくるというのだ。ウィリアムは現在カーク船長役を演じているクリス・パイン(34)と交互にスクリーン上に登場するといい、スポック役を過去に演じたレオナルド・ニモイ(83)と現在のスポックを演じているザカリー・クイント(37)も同じような形で出演するとバッダス・ダイジェストが報じている。

同作のプロデューサーであるJ・Jエイブラムスがウィリアムに再出演の交渉を行っているとここ数週間噂されていただけでなく、一方のウィリアムも『スター・トレック3』に出演する「可能性もある」とメトロ紙のインタビューで語っていた。「どんな風に脚本が書かれていて、どんな風に撮影を進めていくかによるよね。でも俺は出演する可能性を否定しないよ」

さらに、自身が昔演じていたカーク船長が現在ウィリアムよりもずっと若い俳優によって演じられていることをどう思うかという質問にはこう答えていた。「なんというか自分の運命を見ているようだよ」「俺が昔演じていた役を若くて、ハンサムで才能溢れる俳優が演じている。これを見ていると時間がどんどん過ぎ去って行っているってことに気づかされるよ。もし俺が気づくことが必要だったらね。まあ俺には必要ないかな」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop