ハッキング被害芸能人たちがGoogleを提訴へ?

2014.10.03

プライベートな画像を流出されるハッキング被害に遭ったジェニファー・ローレンス、リアーナ、カーラ・デルヴィーニュら女性スター達の弁護団が、1億ドル(約109億円)の損害賠償を求めてGoogleを提訴する構えであるという。キム・カーダシアン・ウェスト、ケイト・アップトン、アンバー・ハード、セレーナ・ゴメスらも含めた数々のセレブ達はiCloudのアカウントをハッキングされ、プライベートな画像の数々をレディットや4Chanに投稿されていたが、大半の被害者の弁護士たちはGoogleがその画像を削除しなかったことで「女性たちが被害を受けたことを利用して大金を得た」と批判しているという。

マーティ・シンガー弁護士はGoogleの創設者であるラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリン、エリック・シュミットとGoogleの弁護団宛てに、「あきらかな非論理的行為」であると厳しい口調の手紙を書いた。ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によれば、その書類の中ではGoogleが「迅速に対応して、責任を持って画像を削除することを怠っただけでなく、むしろその不法行為を受け入れ、誘導し、持続させた」とされており、「Googleは女性たちが被害を受けたことを利用して大金を得ていると」続けられているという。また、シンガー弁護士は、4週間前をはじめとして、以来何度かに渡って自身の事務所からその画像の削除を依頼する通知を送っているものの、写真の多くはいまだにGoogleの傘下であるブログスポットやYouTubeに掲載されているとしている。「Googleはこの画像がハッキングにより盗まれたものであり、被害者たちを侵害する悪意ある犯罪者によって違法に入手され、投稿された私的で部外秘の写真や画像であると知っています」「被害者が価値ある版権を持つセレブリティ達であることから同社は何もせず、むしろそれにより巨額の広告収入を集めているだけで、このスキャンダルを鎮圧するよりも利用しているだけなのです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop