ニック・オリヴェリ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジと共演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニック・オリヴェリが今月31日(金)、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのパフォーマンスに参加する。2004年に同バンドを脱退したベーシストのニックだが、今回フロントマンのジョシュ・オムに出演を依頼されたことから、ロサンゼルスのザ・フォーラムで昔のバンド仲間とステージを共にすることになった。ニックは「ジョシュはアンコールセットみたいなかたちで、クイーンズと6曲やろうって言ってきたんだ。再結成であり、でも再結成じゃないんだ」「公演の最後のほうにベースを弾いて、少し歌を歌うんだ。面白いと思うよ」と話す。

ニックは脱退以来、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジと共にプレイすることを何度も熱望していたようで、NME誌の将来も共演の可能性があるかという質問に対しこう答えている。「それは、ジョシュ次第だね。ジョシュのバンドだからね」「過去10年間、そうしたいって思ってたし、バンドのみんなに会って『みんな、俺だよ!俺に歌を歌って欲しいかい?』って感じだったんだ」「しばらくそうやって聞くのをやめて、そしたら、ジョシュのほうから依頼してきたんだ」「だから、俺の決断じゃないってことさ。わかるだろ、言ってること」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop