ローズ・マッゴーワン、ニューヨークでの発煙弾事件に巻き込まれる

ローズ・マッゴーワンが11日(土)にニューヨーク市内で起こった発煙弾による被害に遭った。

同市のグリニッジ・ヴィレッジにあるバー・ピッティでローズが食事をしていたところ、ある男が歩道にある格子を乗り越え、同店の外に設置されている座席の一角に発煙弾を投げ入れて逃げ去ったという。ローズは当時の状況について「私が食事をしていたレストランに誰かが赤い発煙弾を2つ投げ込んできたの。目が焼けるように痛いわ」とツイートしていた。

赤の煙に包まれた現場に警察が到着した際には、その発煙弾は同店のウェイターによって処分されていたという。今回の事件でけが人は出なかったものの、事件時に同店にいた客や通りがかった人達は「震えあがっていた」と言われている。ある目撃者はメールオンラインに状況をこう語っている。「なにかが正面入り口のところに投げ込まれるのが見えたと思ったら、突然赤い煙が出てきたんです。ウェイターたちはかなり驚いていました」「その1人が1つの発煙弾を拾い上げて、通りの方に投げたりしていてかなり怖かったですが、そこで煙は止まりました」「人々はパニックに陥り始めていましたが、だんだん消えていくにつれて写真を撮り始める人もいましたね。スタッフたちはその状況にかなり困惑している様子でした」「みんなとにかく信じられないといった感じで、レストランのドア近くのテラス席にいた人たちの中には悲鳴を上げている人もいました」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop