ブラッド・ピット、幼稚園の頃にショットガンをプレゼントされていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッド・ピットは小さい頃にショットガンをプレゼントされていたそうだ。ブラッドは幼稚園時代に家族の「通過儀礼」として親戚から銃を贈られていたことを明かした。「俺の育ったところでは先祖の武器を受け継ぐっていう通過儀礼があったんだ」「弟が親父のをもらって、俺は幼稚園の頃に祖父のをもらったんだよ」

そんなにも若くしてショットガンを手にしたブラッドだが、父からその銃に対して「深い尊敬」を抱くように教えられたため、その銃器を軽んじることはなかったとラジオ・タイムス誌に話している。「そのことで良かった点と言えば、俺の父がその武器に対して心の底からの深い尊敬心を俺に植え付けたところだよ」

自身も妻アンジェリーナ・ジョリーとの間に6人の子供をもつブラッドはその家族の伝統を誇りに思っているそうで、銃が自宅にあると分かっていることで「気分が良くなる」ことから、誰もが自身の銃器を持つ権利を所有するべきだと考えていると語った。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop