エボラ出血熱蔓延によりチョコレートの生産が危機へ

エボラ出血熱によりチョコレートの世界供給が危機に瀕している。現在西アフリカでこの脅威のウィルスが蔓延していることにより、チョコレート好き達は脅威にさらされている。全世界の生産量30パーセントを占める最大のカカオ生産国であるコートジボワールは、ウィルスの侵入を抑えるために隣接国であるギニアとリベリアの国境を閉鎖せざるを得なくなっており、そのことで国内の労働力とカカオ生産に莫大な影響を及ぼしているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop