ノエル・ギャラガー、来年3月にもニューアルバムをリリースへ

2014.10.15

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが来年3月にニューアルバムをリリースする。ノエルは13日(月)にロンドンで行われたフェイスブックのライブQ&Aセッションに参加した際、その『チェイシング・イエスタデイ』と題された新作アルバムが来年3月2日にリリースされることを発表し、今回のアルバム制作で初めてプロデュースを担当したものの、その過程は楽しめなかったと語っている。「好きじゃなかったよ。自由なのは良かったけど、セッションを管理するのは楽しくなかったよ。俺はスタジオで『じゃあ、今日は何をすればいいんだ?』っていうのに慣れているからね。でも、今回はスタジオにいるみんなが『今日は何をするんだ?』って俺に聞いてきたんだ」「出来たものは素晴らしいよ。だけど、大変だったよ」

そんな新作アルバムの収録曲『バラード・オブ・ザ・マイティ・アイ』には、ザ・スミスの元ギターであるジョニー・マーも参加しており、ノエルはジョニーを長年知っているものの、その音楽の質の高さに未だに驚かされると話している。「ジョニーがクロージング・トラックで演奏しているんだ。その曲が俺の次のシングルになる予定なんだけど、ジョニーは本当に最高だよ。ジョニーはスタジオに2本のギターを持ってきたんだけど、誰もジョニーのことを気づかなかったんだけどね」「この曲ができて、ジョニーが演奏するにもってこいの曲だって思ったから、彼に軽くミックスしたものを送ってくれないかって頼んだんだよ。ジョニーは『ノー』って言って、俺が『何かプレゼントしようか?』って言っても『ノー』って答えたよ」「スタジオにジョニーを呼んで、その曲を演奏してみせたとき、やっとジョニーが『なんてこったい。こんな曲だとは思ってなかったぜ』って言ってくれたんだよ。本当に最高なギターリストだし、一番年上の友達だけど、彼のギター演奏はほとんどの人が持ち合わせていない何かがあるよ。おそらく、それはジョニーとナイル・ロジャースしかできないんじゃないかな。ジョニーは最高でナンバーワンだよ」

同新作アルバムのリリースに先駆けて、ニューシングル『イン・ザ・ハート・オブ・ザ・モーメント』がダウンロード販売と限定ヴィニール盤というかたちで来月17日に発売される予定だ。さらに、ノエルは3月に同アルバムを引っ提げてアリーナツアーも敢行することも発表しており、北アイルランドのベルファストのオデッセイ・アリーナを皮切りにノッティンガム、グラスゴー、マンチェスターを回り、ロンドンのO2アリーナでフィナーレを飾る予定だ。同アルバムの先行予約はすでに始まっており、ツアーチケットは17日(金)から発売開始となる。今回行われたノエルのフェイスブック・インタビューはwww.facebook.com/noelgallaghermusicから視聴可能だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop