ケイト・ベッキンセール、『アンダーワールド』5作目出演へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイト・ベッキンセールが『アンダーワールド』最新作に出演するようだ。5作目となるホラー映画シリーズの同作にヴァンパイア処刑人セリーンとして戻ってくるとIGNが伝えている。同シリーズの2012年作『アンダーワールド 覚醒』ではケイト扮するセリーンをメインとするストーリーから移行するといった様子だったのだが、ケイトの夫であり監督のレン・ワイズマンはケイトとともにこの人気シリーズの新作を製作することを明かした。「現在いくつかのことが進行中だよ。僕達が大好きだったキャラクター達も登場することになる『アンダーワールド ビギンズ』のようなスピンオフ映画みたいな作品もあれば、ケイトが携わっている他の映画の仕事も進行中だよ...さらにテレビシリーズなんかもね」ワイズマンが触れているこれらの作品が『ダイバージェント』でおなじみのテオ・ジェームズがヴァンパイアのデイヴィッド役として出演が決定していると言われている新作『アンダーワールド:ネクスト・ジェネレーション』を指しているかは明らかになっていない。

『プリースト』『ザ・ラスト・ウィッチ・ハンター』の脚本家であるコリー・グッドマンが同作の脚本を担当するようで、撮影は来年を予定しているという。

ケイトは今月より公開になる『ザ・フェイス・オブ・アン・エンジェル』にてカーラ・デルヴィーニュと共演しているほか、最近では『アブソルートリー・エニシング』の撮影を終えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop