リアーナ、amfAR チャリティ・ガラで1500万円超を費やす 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアーナが29日(水)に開かれた2014年度のamfARチャリティ・ガラで写真とイヤリングに13万5000ドル(約1500万円)もの大枚をはたいたという。そのエイズ研究財団amfARが研究プログラムのための寄付を募る目的で毎年開催される同チャリティ・ガラで、リアーナはアーティストのウィリー・リッツォによって、サインと番号が書かれた「エリザベス・テイラー・アット・ザ・エデン・ロック」と題された写真に10万ドル(約1100万円)、さらにハリー・ウィンストンの72個のダイヤモンドがあしらわれたイヤリングに3万5000ドル(約390万円)を費やしたという。

そのほかリアーナは、ハリウッドのミルク・スタジオズで開催されたこのガラで、エイズ研究財団のamfARに代わってデザイナーのトム・フォードにインスピレーション・アワードを授与する役目を果たし、授与の前にトムのことをファッション界の「天才」だと称えた。「トム・フォードのたぐいまれな能力はジェームズ・ボンドの心地よいエレガントさやコンセプトのあるレディースウェアや小物などの、すべてのスタイルにみられます」「今日は、トム・フォードの素晴らしい才能とトムが表現するものどちらをも称えたいと思います。クリエイティブな類まれな才能と、そのリーダーシップ、誠実性、寛大さを称えましょう」

また、同ガラで白のドレスを着て長年の友人であるジャスティン・ティンバーレイクと同じテーブルに座っていたリアーナだが、そのドレスは乳房の部分が幾つかの紫のスパンコールで覆われているだけにすぎず、スカート部分は高い位置にスリットが入って、黒のストッキングが見え隠れするなどかなりセクシーなデザインとなっていた。

また、同ガラには、リアーナと同様に胸の部分がセクシーな衣装に身を包んでいたマイリー・サイラスが母親のティッシュと共に出席していたほか、グウィネス・パルトロウ、ローズ・マッゴーワン、リア・ミシェル、アレッサンドラ・アンブロジオなど豪華な面々の顔がみられたようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop