エル・ファニング、新作『スリー・ジェネレーション』に出演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エル・ファニングがナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンらと共に『スリー・ジェネレーション』に出演する。ニコール・ベックウィズ脚本の同作は、ニューヨークに暮らす女から男へと性転換を行う10代の少女(エル)とそんな少女を育てることに苦悩する少女のシングルマザー(ナオミ)を中心に話は展開し、少女の人生の一大決心に理解を示せないだけでなく、娘が子どもの頃を過ごした家を離れられないことに困惑しているレズビアンの祖母(スーザン)のストーリーも交差するとハリウッドレポーターは伝えている。

アンジェリーナ・ジョリー主演の大ヒット作『マレフィセント』にも出演していたエルは、ブライアン・クランストンと共に『トランボ』に出演することが決まっており、一方でナオミは現在『デモリション』の撮影に入っているという。

『オン・ア・クリア・デイ』の監督ギャビー・デラルがメガホンを取る『スリー・ジェネレーション』は来月早々にニューヨークで製作がスタートするようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop