エマ・ワトソン、亡くなったペットに賞与を捧げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エマ・ワトソンが、亡くなったペットに賞与を捧げた。先月30日、ロサンゼルスで行われた英国アカデミー賞主催のブリタニア・アワードにてブリティッシュ・アーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれたエマは、『ハリー・ポッターと賢者の石』の撮影現場で死んでしまったというペットのハムスターにこの賞を捧げることにすると授賞スピーチでコメントしていた。「英国アカデミー賞で賞をいただけることは私にとってとても名誉なことです。なぜならイギリスの映画業界は私にとってはただの仕事場というだけではありません。私が育った場所でもあり、第2の家族のような存在でもあります」「とても暖かな場所なのですが、ときどき憂鬱なことだってあります。たとえば私が『ハリー・ポッターと賢者の石』の撮影の現場で飼っていたペットのハムスター、ミリーが心臓発作になってしまって、克服することが出来なかったこともあります」

そんなエマのために、当時現場にいた美術のスタッフが、死んでしまったハムスターのためにベルベットの縁取りの飾りにミリーの名前を刻印した銀のプレートまでついた小さなお棺を作ってくれたというエピソードも明かした。「皆さんは私にとってとても特別な存在で、皆さんの投票はとても重要な意味を持つものです」「今夜皆さんが私にこのような素晴らしい賞をくださったことを誇りに思います...本当にありがとうございます。そしてミリーの冥福を願ってこの賞をあなたに捧げます」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop