ピンク・フロイドの新作、最も先行予約されたアルバムに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンク・フロイドのニューアルバムが今までに最も先行予約されたLPとなった。ニック・メイソンとデヴィッド・ギルモアが再タッグを組み、2008年に65歳で他界したキーボードのリチャード・ライトが前作『対/TSUI』のために演奏した音源も含む20年振りの新作アルバム『永遠(TOWA)』を今月10日(月)にリリースする予定だが、3日(月)のアマゾン・ミュージックの発表によると、ワン・ダイレクション、ロビー・ウィリアムス、コールドプレイ、デヴィッド・ボウイらの記録を退け、同アルバムがAmazon.co.uk史上最も先行予約されたアルバムとなった。

アマゾンEU・デジタル・ミュージック代表のスティーブ・バーンスタイン氏はこの快挙について「ピンク・フロイドの作品がAmazon.co.ukで最も先行予約されたアルバムとなりました。バンドにとって素晴らしい達成だと思います。これにより、ピンク・フロイドがイギリスの音楽シーンで、最も人気を獲得しているグループの1つであり続けていることを証明しました。20年間待ちに待ったピンク・フロイドの新作に触れられるこの機会をお客様は楽しんでおられます」と話している。

そのほかの先行予約ランキングトップ10には、スーザン・ボイル、テイク・ザット、故エイミー・ワインハウスなどがランクインしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop