トム・ハンクス、短編小説集を発表へ

トム・ハンクスが短編小説集を発表するようだ。先日ザ・ニューヨーカー誌に初のショートストーリーが掲載されたトムが、出版社のアルフレッド・A・ノップフと短編小説集を発売する契約を交わしたとハフィントン・ポスト紙が報じている。今後発売されることになるこのタイトル未定の本では、トムのタイプライターへの情熱とそれにまつわるエピソードがショートストーリーとしてまとめられる予定となっており、トムの個人的なタイプライターのコレクションの写真も掲載されるようだ。

今回そんな出版契約を交わしたトムだが、先日掲載された初のショートストーリーでは「テクノロジーに古臭いアイデア」と批評家に表現されるなど、マイナスな評価が多かった。また、トムはユーザーがタイプライターを使用しているような感覚を得られるアプリも作成しているほか、タイプライターのモデルの違いについてを綴ったエッセイも執筆したことがある。

自身の作品を出版することになったスターはトムが初めてでなく、ジェームズ・フランコは『パロ・アルト』という名の小説を発表しているほか、トムが『ウォルト・ディズニーの約束』で共演したB・J・ノヴァクも『ワン・モア・シング』を執筆している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop