ケリー・ワシントン、自分用にマタニティウェアをデザインしていた

ケリー・ワシントンは自分用にマタニティウェアのデザインを手掛けていたようだ。4月に夫ナムディ・アサマアとの娘イザベラ・アマラチちゃんを出産したケリーだが、妊娠中に『スキャンダル 託された秘密』の撮影に臨む際、オリヴィア・ポープ役のファッショナブルな容姿を保つために、その膨らんでいくお腹が隠れるような衣装を自身と衣装デザイナーのリン・パオロとでデザインしなければなかなかったとニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に明かした。「リンと私にとって、本当に楽しいことだったわ。なぜなら、そういうレクションなんて存在しなかったんだもの...オリヴィア・ポープのファッションのスタンダードを高めるという意味で、ニーズを満たせることができるかっていう衣装だったの」「だから、素晴らしい高級な洋服をマタニティウェアに変えたりなんかして、私たち独自のマタニティウェアを作ったりしていたのよ」

ケリーとリンは以前、ザ・リミテッドでデザインを指揮するエリオット・ステイプルズとコラボして『スキャンダル 託された秘密』でのオリヴィア・ポープのスタイルをファンも楽しめるようにと 洋服ラインを発表していた。「ドラマの中のファッションを好きな人達が、それを手ごろな値段で簡単に手にいれられるっていうことになるのよ。みんながドラマの中で見る服を購入できる余裕があるわけではないものね」「ボタンや生地を選んだり、髪型やメイクアップに対して意見を出し合ったりと、制作のすべての過程で意見を出すことが本当に楽しかったわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop