ブライアン・メイ、あのギターの輸送に200万円近くを費やす

ブライアン・メイが自身のギターをロサンゼルスに輸送するために1万ポンド(約182万円)を費やしたようだ。今週ハリウッドで開かれたクラシック・ロック・アワーズの席で自身の有名なレッド・スペシャルと呼ばれるギターで演奏したかったブライアンは、そのギターがトランジットの際に他の荷物と一緒になって破損することを恐れたために、ロンドン-ロサンゼルス間のブリティッシュ・エアウェイズでのフライトの際にファーストクラスの席でVIPの取り扱いを受けられるよう大枚をはたいたという。ある関係者はミラー紙に「そのギターが他の荷物と同様に取り扱われるという選択枠はブライアンにはありませんでした」「手荷物を入れる座席の上の棚にそのギターが入らなかったために、ブライアンはファーストクラスのチケットを購入し、そこにスタッフとギターが配置されたようです」「この方法しかなかったのです。ブライアンはギターが完全にVIPとして取り扱われることを確実にしていました。ブライアンの人生でギターほど情熱を注いでいるものはほとんどないですからね」と明かした。

そのギターがブライアンにとって重要な意味を持つことは明らかであるが、約40年前にイングランドのミドルセックスのフェルタムにある父親の作業場で作られてから、重要なギターであり続けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop