フィル・ラッドの殺人あっせん容疑、証拠不十分で不起訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AC/DCのドラマーであるフィル・ラッド(60)に2人の殺人をあっせんとして容疑がかけられていたが、証拠不十分で不起訴となった。6日(木)朝、ニュージーランドのフィルの自宅に警察が足を踏み入れ、同日フィルは、殺人のあっせん、殺人予告、大麻とメタフェミン所持を巡ってタラウンガ地裁に出廷していた。靴を履いていない出で立ちで現れたフィルは、法廷では一言も話すことはなく、タラウンガ市内に留まること、殺人あっせん容疑の関係者と一切連絡を取らないことを条件に、今月27日まで釈放されていた。裁判書類によると、フィルは9月25日から26日の2日間の間に1人を雇って2人に対する殺人を試みた罪を問われており、原告の1人に対しては26日に殺人予告をしていたと記載されていたようだ。今回、殺人あっせんの容疑においては不起訴となったものの、殺人予告と違法薬物所持に関しては未だ容疑がかけられている。

フィルは最近AC/DC の6年ぶりのニューアルバム『ロック・オア・バスト』のプロモーション写真にもその姿を現していないだけでなく、ここ数か月撮影されていたビデオ2本の中にも参加していない様子だ。

フィルは1975年にAC/DCに加入し、1983年には脱退していたものの、1994年には再び復帰していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop