ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグ、『ダディーズ・ホーム』で再び共演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィル・フェレルとマーク・ウォールバーグが新作『ダディーズ・ホーム』で再び共演するようだ。エヴァ・メンデスも出演していた2010年作のコメディ映画『アザー・ガイズ 俺たちと踊るハイパー刑事!』のあの主演コンビが、パラマウント・ピクチャーズとレッド・グラナイトの共同制作である同作で再タッグを組むことになるようだ。ショーン・アンダースがメガホンを取るこの作品はウィル演じる物腰の柔らかいラジオ局の幹部である男が妻の2人の連れ子にとって出来る限り最高の継父になりたいと努力するも、再び彼らの元へ現れたマーク演じる居候の実父に邪魔をされるというドタバタコメディとなるようだ。

ウィルはモーガン・フリーマン、リーアム・ニーソン、クリス・プラットらと共演した今年大ヒットした映画『LEGOムービー』の出演を楽しんでいたといい、ワーナー・ブラザースは同作の脚本家フィル・ロードとクリス・ミラーを再び召集してこのアニメーション・コメディ映画の続編の脚本を依頼したと報じられている。『LEGOムービー』は公開初週にアメリカで興行収入1位を獲得しており、2018年に公開予定となる続編も同じような成功を収めることをワーナー・ブラザースは期待しているようだ。ただ今のところ、ウィルがこの続編に再び出演するかは分かっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop