レイチェル・ビルソンが女児を出産!

レイチェル・ビルソン(33)が女児を出産した。レイチェルと恋人のヘイデン・クリステンセンに第1子となる女児のブライアー・ローズ・クリステンセンちゃんが先月29日に誕生していたことを6日(木)、レイチェルの代理人がE!ニュースで認めた。「ヘイデン・クリステンセンとレイチェル・ビルソンの間に娘のブライアー・ローズ・クリステンセンが2014年10月29日に誕生しました」

承諾なしで子供の写真を撮影することを禁じる「ノー・キッズ・ポリシー」という著名人の同盟に加盟している2人は出産後のプライバシーの尊重を求めるとしながらも、母子ともに健康だと代理人は続けた。「母子とも健康で順調です。一家はプライバシーを求めており、『ノー・キッズ・ポリシー』にも加盟しています」

妊娠のニュースを正式に発表することはなかったレイチェルとヘイデンだが、娘が誕生することに興奮していると言われていた。ある関係者は以前「レイチェルは娘が生まれるということにとても感激しています」「長年子供を欲しがっていましたし、素晴らしい母親になることでしょう。みんな心からお祝いしていますよ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop