モンティ・パイソンが36億円を稼ぎ出す世界ツアーを断る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英コメディグループ、モンティ・パイソンが32万ドル(約36億円)の収益が見込まれるワールドツアーの話を断ったという。ジョン・クリーズ、エリック・アイドル、マイケル・ペイリン、テリー・ギリアムからなるモンティ・パイソンは、アジア諸国、アフリカ、オーストラリア、アメリカなどを周るワールドツアーを企画したイベント会社からこの高額のオファー受けたものの、4人が「気難しいおじさんたちである」ということを理由に断ったのだという。エリックは今回の件に関してこう述べている。「この決断は最後の最後にきたんだ。俺達はこのツアーについて話したうえで『いや、ロンドン公演だけにしよう。俺達は10夜公演を行うんだ』ってね」「オーストラリア、南アフリカにも行くことができたかもしれないし、どこの町にいるんだかよく分かりにもしないで残りの生涯を過ごすことになったかもね」「でもさ、俺達はもう70代だし、それぞれ違うことに興味をもっているところなんだよ。だからさ、これは最高のお別れ会になるわけ。『拍手喝さいの最後のおじきをしようぜ』ってね」「俺達が年を取って、気難しいおじさんたちになるとさ『いくらほどの大金をもらえるかなんて知ったこっちゃない。俺は行かないよ。家にいるんだ』ってなるもんだよ」

さらにエリックは、現在ハリウッドでの生活を楽しんでいるとデイリー・ミラー紙に語っている。「エクササイズしてるんだよ。運動したり、丘にハイキングに行ったり、自転車に乗ったり、ギターを弾いたり、俺はきちんとした静かな生活を送っているんだ。あんまり遊びに行ったりはしないかな」

人生における後悔について尋ねられたエリックは「わかんないなあ。もっと良い親でいられたらなあ、もっと良い夫でいられたらなとは常に思っているけどね。仕事のキャリアなんかよりも人生ってもっと重要なんだ」「キャリアはただ起きることだ。でも人生はどう自分が生きたかだよね。だからたくさんの人を嫌な気分にさせたり、傷つけたりしたくないってのが俺の願いかな」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop