ケヴィン・スペイシーとマイケル・シャノン、『エルヴィス・アンド・ニクソン』に出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケヴィン・スペイシーとマイケル・シャノンが『エルヴィス・アンド・ニクソン』に出演するという。ケイリー・エルウィス脚本の同作品の中でケヴィンは当時のアメリカ大統領リチャード・ニクソンを、マイケルが伝説のロックスター、エルヴィス・プレスリーをそれぞれ演じることになるとデッドラインが報じている。

この作品では、お互いのキャリアを通じて大きな議論を呼んだ20世紀を代表する2人が実際に行った不思議な会合について描かれる。この面会というのは、1970年12月21日にエルヴィスがホワイトハウスに自ら出向き、大統領と話したいと尋ねたことでニクソン大統領がエルヴィスを大統領執務室に招き入れ実現された。2人は違法薬物の使用やヒッピーについて議論を行い、エルヴィスはさらに自分を麻薬危険薬物取締局の統括連邦職員にしてくれないかと尋ねたといわれている。この有名な会合が行われた際、2人はそれぞれキャリアの頂点に君臨していたが、4年もしないうちにニクソンはウォーターゲート事件によって辞職に追い込まれ、その3年後にエルヴィスは42歳の若さでこの世を去っている。

この新作の撮影は来年始めからスタートする予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop