ジャレッド・レト、『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャレッド・レトが新作『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じるようだ。ジャレッドはこの新作で、バットマンの天敵として知られるこの役柄を演じる方向でワーナー・ブラザース社と交渉中だと報じられている。サーティー・セカンズ・トゥー・マーズのボーカルとしても活躍するジャレッドは今年のアカデミー賞を受賞した『ダラス・バイヤーズクラブ』以来初の出演作となる本作への出演をまだ決定してはないないものの、最強の悪役とも言えるジョーカー役を真剣に検討しているところだという。

ある関係者が明かしたところによると、このジョーカー役に向けては当初、ライアン・ゴズリンに話が持ち掛けられていたものの、ライアンはシリーズ作品に出演するつもりはないという理由から断ったようだ。

そんな中、トム・ハーディ、マーゴット・ロビー、ウィルスミスらもまた、監督を務めるデヴィッド・エアーと話し合いを行っていると噂されている。先日には、ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル主演の2016年公開予定作『バットマン v スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス』でスーパーマンの天敵、レックス・ルーサー役を演じているジェシー・アイゼンバーグが『スーサイド・スクワッド』でも同役を続投する方向であると報じられていた。

今回ジョーカー役を依頼されているジャレッドがスーパーヒーロー作品から声をかけられるのは本作が初めてではなく、以前にはマーベルコミックのドクター・ストレンジ役として噂されていたこともある。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop