アリアナグランデ、ドラマ『ビクトリアス』の出演料は毎回100万円以上!?

アリアナグランデ(21)がドラマ『ビクトリアス』のシーズン1で1話につき9000ドル(約100万円)ものギャラをもらっていたと言われている。ニコロデオンの同人気ドラマでキャット・バレンタイン役を演じて一躍有名になったアリアナだが、番組内で使用された曲の執筆料も発生したため、その大金にさらに追加料金も支払われていたと見られている。

TMZが入手したアリアナと同番組のシーズン1に向けた初回契約書においては、エピソードごとに9000ドルが支払われると記載されている。また、その契約書によればテーマソング料として4000ドル(約46万円)のほか、エピソード内で複数回使用された楽曲については3000ドル(約34万円)、そしてアリアナが執筆したコメディには20秒ごとに1500ドル(約17万円)が支払われることになっているという。さらには、アリアナが一番良い楽屋を与えられることまで約束されていたそうだ。

一方でアリアナは、音楽界でのキャリアを築く中でそのキャット役のイメージを取り払うことが難しいと明かしていた。そのキャラクターのイメージを拭い去るために『ザ・ウェイ』のPVを使用したということについてアリアナは「『みんな、私とあのキャラクターの間にどこか明らかな違いがあるはずでしょ』って気分だったわ」「髪の毛も茶色に染めなおしたし。あのビデオの中ではラッパーとキスしたりしたわ。とにかく私が言いたいことをはっきりさせたかったの。大勢の人の前で長年自分とは違う人物のフリをしてきた後で、そういうことをすることを楽しみにしていたのよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop