マドンナのウェディングドレスが約940万円で落札

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マドンナがショーン・ペンとの挙式の際に着たウェディングドレスが8万1250ドル(約938万円)で落札された。先週末にビバリーヒルズで開かれたジュリアンズ・オークション主催のチャリティオークションであるアイコン&アイドルズ:ロックンロールにおいて、1985年の結婚式で着たドレスやステージ衣装、映画内での衣装などマドンナが着用した数々のアイテムが出品され、高額で取引されたようだ。1985年作『マドンナのスーザンを探して』の中でマドンナが袖を通したジャケットにおいては、なんと25万ドル(約2900万円)と最も高い売値が付いており、同作品の中で着けていたイヤリングは3万4375ドル(約400万円)で買い手がついている。ほかにも、『マテリアル・ガール』PVからのドレスとスカーフが7万3125ドル(約850万円)、映画『エビータ』からのドレスが1万5000ドル(約174万円)、1992年作『プリティ・リーグ』で着用したソフトボールのユニフォームが3万1250ドル(約360万円)で競り落とされた。

さらに、今回のオークションでは、マドンナのほかにもミュージシャンたちの記念の品といえるアイテムも出品されており、ジェームス・ブラウンの赤のスパンコールが施されたケープが4万1600ドル(約480万円)、ジョン・レノンの眼鏡が2万5000ドル(約290万円)、エルヴィス・プレスリーが着けた指輪が5万7600ドル(約666万円)、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのスティーヴン・スティルスが所有のギブソンJ-200が4万3750円(約506万円)の値がついた。

マドンナの広報担当は以前、マドンナ自身には同オークションからの売上金が入ることがなく、直接参加しているわけではないとしていた。「オークションに掛けられるものはマドンナの所有物ではなかったと存じております」「撮影ではデザイナーたちが衣装を提供しますので、その衣装はまたデザイナーたちに返すのです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop