ニューヨークの地下鉄で靴下とスニーカーだけ姿で眠りこけた男性が新聞の表紙に!

酔っぱらった男性が靴下とスニーカーだけを身に着けた姿で電車で眠りこけてしまったようだ。その場に居合わせたニューヨークの地下鉄の通勤客であるピーター・デイヴィスが撮影したこのほぼ全裸の男性の写真は、なんとニューヨーク・ポスト紙の表紙を飾るまでに至っている。

デイヴィス氏は今回の出版に当たって「彼はとにかく酔っぱらっていました」「ジャック・ダニエルを瓶からガブ飲みして泥酔していました。4駅間で4回はガブ飲みしていましたね」と状況を説明している。また、デイヴィス氏自身はこの男性にそれほどびっくりさせられてはいなかったものの、他の乗客たちはかなりこの男性のことを警戒していたと続けている。「みんなこの人が危険人物かのように遠ざかって行っていましたね。見て見ぬふりをして、あたかもその人がその場にいないかのように自分のiPhoneに目を戻すような無関心なニューヨーカーがたくさんいましたよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop