アナケンドリック、インタビュー中に酔っぱらっていたことを告白!

アナケンドリック(29)は最近のインタビューで酔っぱらっていたという。アナは10日(月)にツイッターで、マリ・クレール誌に私生活のことを尋ねられた際、酔っぱらってしまっていたと告白した。同誌の表紙写真を掲載すると共にアナは「マリ・クレールにインタビューのために酔っぱらわされたわ。本当の話。抵抗もしなかったけど」とツイートした。

「トワイライト」シリーズでもおなじみで、次回作には『イン・ザ・ウッズ』が控えているアナはこのインタビューで、自身の容姿に対するオンライン上でのバッシングへの苦悩を明かしながらも、高校時代に同じようなことを経験して慣れているため、そのようなコメントは気にしないようにしていると明かしている。「一番多いのは『アナケンドリックがかわいいと思えないのは私だけ?』ってやつね」「それで『違うわ、あなただけじゃないわよ。間違いなく私の高校の男の子たちみんなが同じ意見ね』っていうのが続くの」

また、アナはミュージカル映画『ピッチ・パーフェクト2』でベカ役を続投することを楽しみにしており、同作へのやる気を語っている。「いつもオオカミが背後にいて、道に投げ捨てられるという恐怖感はいつもあるわ。中流階級出身だと、家賃を払えなくならないように常に働かなければいけない気がするものよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop