ナオミ・キャンベルの私物ハンドバッグ、2000万円超で落札

ナオミ・キャンベルの私物のハンドバッグが17万5000ドル(約2015万円)で落札された。過去にはマーク・ジェイコブスやソフィア・コッポラがそうしたように、ナオミが出品前にアーティストのジェフ・クーンズに依頼してカスタマイズした私物のエルメスのバーキンを、国際連合ファウンデーションのShot@Lifeキャンペーンの資金集めのために開催されたプロジェクト・パーペチュアルのイベントに寄付したとニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄が報じている。この特別にカスタマイズされたナオミの革製バッグは、英宝石商のローレンス・グラフによって落札されたようだ。

そのほか、米アートディーラーのラリー・ガゴシアンが画商のアルミン・レッシュが保持していたバッグを27万5000ドル(約3170万円)で手に入れる中、ジェフが制作した彫刻がなんと400万ドル(約4億6000万円)で取引され、今週中はマンハッタンのパーク・アベニューに位置するシーグラムビルに設置される予定だ。ドリュー・バリモアらも参加した同イベントでは、メアリー・J.ブライジがパフォーマンスを行ったという。

最近高額で落札されたセレブの私物はナオミのものだけに限らず、ショーン・ペンとの挙式の際にマドンナが着用したウェディングドレスは、先週末にビバリーヒルズで行われたオークションで8万1250ドル(約935万円)で取引されていた。1985年作『マドンナのスーザンを探して』の中でマドンナが袖を通したジャケットにおいては、なんと25万ドル(約2900万円)とさらに高い売値が付いており、同作品の中で着けていたイヤリングは3万4375ドル(約400万円)で買い手がついていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop